このアプリは開発中です。

こ↑こ↓…先輩はそう言って家に招待してくれたんだ、その焦げた横顔を伝う汗なんて気にも留めずに

このアプリは開発中です。

それは暑い夏の日、そう…あれは確か、水泳の部活帰りだったはずだ。一回生の僕は、ずいぶん可愛がってくれる田所先輩の家に遊びに行くことになった。もちろん、同じ部活をやっている入学以来の親友、遠野も一緒だ。
水泳部の先輩である田所先輩は、とにかくタイムにこだわる選手として有名で、口癖は「タイムはどう?伸びた?伸びない?……」これを毎日のように連呼するもんだから、先輩の中には「生真面目で熱心なヤツ」と敬遠する者もいたが、大方には評価され、慕われていた。今時で言う「爽やかリーダー」と言ったとこだろうか。

ところで、部活帰りに人の家で遊ぶ行為自体、日常に潜む非日常という感じで、純粋な僕らは兎にも角にも楽しみに、あまり深く考えずに着いて行った。
……..
あの時に気づくべきだった。
なぜあの人見知りな先輩が、僕らを家に呼んでくれたのかを、
なぜ人に厳しい先輩が、僕らには甘々だったのかを…
さすれば彼も、親友も、そして僕自身も、
あんなことにならなかったのに…

ープロローグー
昏睡。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファ!?ウーン…

寝て……いたのか?
頭がズキズキする。

……..

ここはどこだろう?
そうだ。確か先輩の家に遊びにきて….

それから屋上でアイスティーを飲んだ気がする
強烈な眠気に襲われて…….

「ちょっ何するんすか!やめて下さい!ほんとに!!!」
叫び声が聞こえた。
遠野!?あの甲高い声は多分あいつだ。
何かに怯えている。

このままだとヤバそうだ。
まずはここから出ないと。
脱出経路を探そう。

ーステージ1ー
デカマクラのある部屋。

ーステージ2ー
アイスティの香るキッチン。

Coming soon…あくしろよ、、、

シェアする?しない?